電波環境が悪い家は電気工事業者に相談しよう

テレビの映りが悪いのは電波がうまく届いていないから!

電波環境が悪くなる原因とは

クリアな映像でテレビを観るためには、まず電波環境の改善を行なうことが大切です。電波環境が悪くなる原因を探っていきましょう。

様々な原因から起こる

高層ビルなどの障害物
テレビの電波は、高い電波塔から発信されています。電波が悪い住宅は、高い建物によって電波が遮られている可能性があります。高い建物が壁になり、通常よりも電波環境が悪くなってしまいます。このような電波の遮蔽障害は、地デジになった今でも無くなっていません。高いビルが近くにあって電波環境の悪い家は、遮蔽障害の可能性があります。
携帯電話など電波を発するもの
電波障害は、電波を発する携帯電話でも引き起こす可能性はあります。携帯電話が家電製品の影響を受けてエラーを起こすこともあり得ます。また携帯電話だけではなく、タクシーにつけられている無線が電波環境を悪くすることもあります。無線の電波が強くなると、他のラジオから携帯の音が聞こえるなどの障害が起きます。しかし、高いビルが原因の遮蔽障害よりも、このようなことが起こる確率は低いです。
高圧電線の影響
電波障害は、高圧電線が原因で起きることもあります。高圧電線が近くにあると、テレビやラジオの受信に影響を与えます。高圧電線が原因の受信障害は、一世帯だけではなくて複数の世帯におきます。対策をすることで解決出来るが、なにも対策をしないでいると直ることはありません。しかし、最近では、地域で対策をしているため、高圧電線による受信障害はほとんどありません。

アンテナレベルの低さも影響する

男性作業員

元々は電波環境が悪くなく問題なくテレビを見ることが出来ていても、住んでいる周りの環境に変化があれば、それが原因で電波環境が悪くなることもあります。電波環境の悪さを改善するには、テレビアンテナ工事を電気工事業者に依頼するのが最適です。まずは一度、専門の電気工事業者に相談してみましょう。業者と話をしてどのような工事をすると改善されるのか確認しましょう。