テレビアンテナ工事をする前に電波とアンテナの確認~近所を確認~

テレビの映りが悪いのは電波がうまく届いていないから!

電界強度を調べよう

テレビアンテナ工事を電気工事業者に依頼する前に、自宅付近の電界強度を知っておくと便利です。電界強度とは一体何なのか見ていきましょう。

電界強度って何?

電解強度とは、電波の強さのことである。住んでいる地域の電波数値を確認すると、電波の強度が分かります。電波の単位を「デシベル」と言いますが、電界強度が60デシベル以下は弱電界地域となります。60デシベル以上なら中電界地域、80デシベル以上だと強電界地域となっています。中電界地域ならば問題なくテレビを見ることが出来ます。しかし、弱電界地域であれば受信が困難な状況となります。

自宅付近の電界強度を調べるには

自分が住んでいる地域の電界強度を知りたいのですが、どうやって調べればいいですか?
自宅の電界強度を確認したいのであれば、周囲の住宅に取り付けられているアンテナを見てみましょう。電波環境が良い場所であれば、十分に電波が届いているため、小さいアンテナが設置されています。反対に大きいアンテナが設置されている場合には、電波が十分に届いてなくて補うために大きいものを取り付けていることが多いです。もう一つの方法としては、近くにある家電量販店で聞いてみることです。知識があって信頼出来るスタッフなら間違った情報を知らされることはありません。

電波環境に合ったアンテナを取り付けること

自宅付近の電界強度が分かったら、それぞれの電波環境に合ったアンテナを選んで設置することで電波環境が快適になります。ここでは、アンテナの選ぶポイントをご紹介していきます。

最適なアンテナを選ぶには

男女

適切なアンテナを選ぶ前に、近所のアンテナを見て何を使用されているのかを確認してみましょう。UHFとVHFを受信できるか、ブースターが必要なのかなどを見ると参考になります。また、今自宅に取り付けられているアンテナが何なのかを確認しましょう。現在のアンテナを確認することで、それよりも性能の良いアンテナを選ぶことが出来ます。実際にアンテナを購入するときには、知識があり信頼できるスタッフに相談すると良いでしょう。そして電気工事業者にテレビアンテナ工事を依頼して、より良い電波環境を手に入れましょう。